About 2/4

シネマ・デ・アエルについて

 

質の高い上映プログラムと、日本で唯一の市民出資の映画館として、全国的にも知られた「みやこシネマリーン」が、2016年9月に閉館しました。シネマ・デ・アエルは、同館が映画上映を通して育んできた文化を引き継ぎ、それをさらに拡大することを目指しています。

ここでは、映画のみならず、食、アート、先端技術など、さまざまな文化イベントを開催していきます。そして宮古市民が集まるだけでなく、外からも人が訪れる場所に育てようと、今、地元の有志たちが中心になって動いています。

シネマ・デ・アエル。つまり、シネマで逢える。キャッチフレーズは、「映画で逢える、映画と出会う」。ロゴマークは、ちぎり紋という出会いを意味する家紋をモチーフに、3つの円が結節点となり、人や文化が結び合うさまを表しています。